カテゴリ:未分類( 55 )

はやぶさ カプセル回収へ 豪の「聖地」に着地(毎日新聞)

 【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、地球へ帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が切り離したカプセルの回収作業を始めた。小惑星イトカワの岩石が入っていると期待されるカプセルは14日夕方までに回収され、厳重な梱包(こんぽう)作業を経て、18日にも日本に到着する予定だ。

【輝きながら地球に帰還するはやぶさの連続写真。本体は消失…】

 JAXAは14日午前、回収に向けた最初の作業として、豪先住民アボリジニの人々への説明を豪空軍に依頼、着地点への立ち入りなど回収作業への了解を求めた。着地点周辺がアボリジニの「聖地」にあたるためだ。

 また、JAXAは同日、カプセル発見時の航空写真を公開した。13日深夜、豪空軍のヘリコプターから撮影した。低草が点々と生える赤茶けた砂漠の上に、耐熱構造のカバーが外れたカプセルが着地し、金属特有の光沢を放っている。カプセルは直径30センチ、高さ15センチ、重さ6キロ。傍らにはパラシュートがあり、予定通りに開いて着地した様子が分かる。着地点は、最終的に風で少し流されたものの、はやぶさの軌道などから事前に予測していた着地想定地域のほぼ中央だったという。一方、落下途中ではずれた耐熱カバーは引き続き捜索している。

 14日午後には、研究者ら8人がヘリで現地へ向かい、カプセルの状況を確認したうえで回収する。現地のカプセル回収責任者、西田信一郎・JAXA研究開発室長は「カプセルの回収は予定通りに順調に進みそうだ。あとは耐熱カバーの発見を目指したい」と話した。

【関連ニュース】
【打ち上げられる前のカプセルの写真】
【探査機「はやぶさ」の打ち上げから帰還までを写真で振り返る】 
質問なるほドリ:「はやぶさ」はどんな旅をしてきたの?=回答者・はやぶさ君

<宮津市長選>井上氏が無投票で再選 京都(毎日新聞)
生活保護費で使途不明金 高槻市(産経新聞)
山口組を暴力団7度目指定 組員数は2万人割る(産経新聞)
菅内閣「基本方針」、官僚との連携打ち出す(読売新聞)
ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
[PR]
by yh551xwpzr | 2010-06-18 16:50

防犯カメラ別人、男性宅から「証拠シャツ押収」(読売新聞)

 窃盗罪に問われた金沢市の男性被告(61)が防犯カメラに映った人物とは別人とする鑑定が出た問題で、石川県警が防犯カメラの男が着用していたのに似た白いシャツとメガネを男性の自宅から押収、金沢地検が金沢地裁の公判に証拠提出していたことが5日、わかった。

 映像の人物と男性の同一性を補強するための証拠だったが、ともに特徴のない量産品とみられ、捜査関係者は結果的に証拠価値の評価を誤っていたことを認めた。

 県警幹部や男性被告によると、盗難にあったカードを使ってコンビニ店の現金自動預け払い機(ATM)から100万円を引き出した男は、ノースリーブの白シャツを着て銀縁メガネをかけていたことが防犯カメラの映像で確認された。

 男性被告は事件の1〜2時間後、金沢市内の別のATMで現金を引き出した。その時の防犯カメラの映像では、よく似たシャツとメガネを身に着けていた。

 男性被告によると、県警の取り調べで両方を見せられ、「顔も服装も似ている」と追及された。男性は、コンビニ店の映像の男に自分がいつも着けているネックレスがないことを指摘して否定したが、捜査員は「犯行の時は外せる」と取り合わなかったという。

 捜査関係者は「映像はノースリーブというのがわかる程度。誰でも持っていそうなシャツという印象だったが、60代の男性が同じシャツを着ていることに引きずられてしまった」としている。

小沢幹事長「補佐できず残念」(産経新聞)
日中首脳会談 成果の裏に日本側の大幅譲歩 「白樺」出資は3分の1以下見通し(産経新聞)
原発をめぐる主な裁判(時事通信)
鳩山辞任 識者談話(産経新聞)
首相続投支持の発言相次ぐ…午前の閣議後会見(読売新聞)
[PR]
by yh551xwpzr | 2010-06-08 01:19

首相「訓練移転を引き受ける気持ちを示してほしい」 全国知事会議(産経新聞)

 全国知事会議における主な議論は次の通り。

 鳩山由紀夫首相 「(米軍)基地問題で沖縄県に多くの負担をお願いしているが、国民全体の問題として思いを分かち合ってほしい。東アジアの平和維持には日米同盟の維持が極めて重要だが、これ以上、沖縄県民に過重な負担をかけることは避けなければならない。米側との交渉過程で米軍機能の一部だけを移転することは難しくなった。沖縄県内に普天間飛行場の移設先を見いださざるを得ないが、訓練の一部移転が皆さま方のふるさとで可能だという話があればありがたい」

 沖縄県・仲井真弘多知事「県民の負担は重すぎ、大幅に減らしてほしい」

 神奈川県・松沢成文知事「自衛隊増強を考えるべきではないか」

 首相「自衛隊を増強して、米軍のプレゼンスを大きく減らすことが許される状況ではない」

 東京都・石原慎太郎知事「尖閣諸島で日中が衝突したら日米安全保障条約は発動されるのか。沖縄問題の前に日本の領土を守る抑止力があるかどうかを米国に確かめてほしい」

 首相「(尖閣諸島の)施政権は当然日本が有しているが、日中間で衝突があったときは、米国は日本に対し安全保障条約の立場から行動すると理解しているが、確かめる必要がある。米国は帰属問題は日中間で議論して結論を見いだしてもらいたいということだと理解している」 

 千葉県・森田健作知事「なぜ今、全国知事会議を招集したのか。普天間問題の火の粉を全国に分散することになる」

 首相「普天間の移設先は辺野古付近で考えているが、知事会を開催してもらったのは沖縄の負担軽減に理解を深めてほしいからだ。将来的に訓練移転を引き受けてやろうとの気持ちを示してほしい」

 北海道・高橋はるみ知事「政府が具体的に移転候補先を示すべきだ」

 首相「すぐに理解を得られるとは思っていない。これから知事や市町村長に、より具体的な政府からの提案をしていきたい」

 大阪府・橋下徹知事「大阪は負担していないので、真っ先に手を挙げないといけないが、米国との問題もある。必要なら沖縄県に行き、我慢してくださいとおわびしたい」

 首相「感謝する。ぜひ協力してほしい」

 鹿児島県・伊藤祐一郎知事「徳之島は、島をあげて反対だと伝えたい」

 首相「反対の姿勢は分かっているが、将来的に訓練の移転先の一つとして徳之島を挙げて日米間で議論を詰めている」

【関連記事】
鳩山首相、沖縄米訓練の受け入れを要請 全国知事会で
「九州持ち回り訓練」提案 首相、5月末決着断念明言
民主・石井選対委員長「現段階で48議席程度」 東京3人目は断念
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求
「県内駄目」は納得できず 岡田氏、宜野湾市長を批判

<イオン>「海のエコラベル」水産物、22日から販売(毎日新聞)
<雑記帳>さいたま市の夫妻がバラ園で結婚式 花仲間が祝福(毎日新聞)
<長妻厚労相>子ども手当「満額」に異論噴出で押し黙る(毎日新聞)
皇太子さまが兵庫へ(時事通信)
外で活発に遊んだ子ほど学習熱心に(読売新聞)
[PR]
by yh551xwpzr | 2010-05-29 04:12

勤務先から2千万円着服、銀座で豪遊 元経理担当者を逮捕(産経新聞)

 経理担当の立場を悪用し勤務先の建設会社から現金約2千万円を着服したとして、警視庁巣鴨署は業務上横領の疑いで、埼玉県春日部市中央、飲食店店員、江川恒彦容疑者(39)を逮捕した。

 同署によると、江川容疑者は「仕事のストレスがあってやった。銀座の高級クラブ代や競馬代などに充てた」などと容疑を認めている。建設会社には平成16年12月から昨年8月にかけて、計約2億円の不明金が確認されており、同署が関連を調べている。

 逮捕容疑は21年2月上旬〜8月下旬、東京都豊島区の銀行など建設会社名義の預金口座から、数十回にわたり、現金計約2千万円を横領した疑いが持たれている。

 江川容疑者は平成16年4月から建設会社の経理課長代理に就任。昨年9月に後任者が帳簿などを調べたところ、不明金が存在することに気付き、不正が発覚した。

【関連記事】
小1の1500円ネコババ巡査長、別の落とし物の現金も着服
交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児
火葬料410万円着服の斎場職員を懲戒免 忌引も不正取得
「ブランド品に6千万」 福岡で 業務上横領容疑で女逮捕
着服は1・7億円? 容疑の元信金職員を逮捕 「車、旅行…」

<裁判員裁判>制度開始1年 東海3県では計37件(毎日新聞)
ネット接続業者、児童ポルノの遮断で合意へ(読売新聞)
雑記帳 “ウギャル”が稚貝の間引きに挑戦 水産業をPR(毎日新聞)
皇后さま 赤十字大会に出席(毎日新聞)
琉球銀行元行員を再逮捕=さらに1億円詐欺容疑―沖縄県警(時事通信)
[PR]
by yh551xwpzr | 2010-05-20 18:42

原田美枝子さん接触事故=自転車男性に、けがなし−東京(時事通信)

 女優原田美枝子(本名石橋美枝子)さん(51)が東京都杉並区で乗用車を運転中、自転車と接触する事故を起こしていたことが6日、警視庁高井戸署への取材で分かった。原田さんと自転車に乗っていた無職の男性(68)にけがはないという。
 同署によると、原田さんは先月29日午後4時20分ごろ、同区久我山の都道交差点で右折しようとした際、横断歩道を渡っていた自転車の男性と接触した。
 交差点に信号はなく、原田さんは一時停止したが、発車の際に左右の確認を怠ったとみられる。同乗者はなく、自宅に帰る途中だったという。 

ネットにあふれる「夫に言えない秘密」 浮気・ソープ勤務歴・「ボーイズラブ」好き(J-CASTニュース)
ニセ女医の要望スンナリ、病院200万円支出(読売新聞)
医師不足や保険制度めぐり3議員が意見―医療政策シンポ(医療介護CBニュース)
B型肝炎訴訟、和解協議へ=勧告受け最終調整−政府(時事通信)
入れ歯ずれた患者撮影=准看護師、同僚に見せ笑う−栃木(時事通信)
[PR]
by yh551xwpzr | 2010-05-13 06:23

沖縄県民大会に党幹部出席へ=徳之島案にも反対−社民(時事通信)

 社民党は22日の常任幹事会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する25日の沖縄県民大会に、重野安正幹事長と阿部知子政審会長を派遣することを決めた。福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)も席上、「日程が許せば行きたい」と出席に意欲を示した。
 政府はヘリ部隊を鹿児島県・徳之島に移転するとともに、米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)に代替施設を建設する案を軸に検討を進めており、政府方針に真っ向から反対する集会に与党幹部が出席するのは異例。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

天皇、皇后両陛下 国際賞授賞式に出席(毎日新聞)
栃木県でクマはぎの被害拡大 塩那森林管理所が調査(産経新聞)
竹島抱える隠岐の島町、外国人参政権「反対」意見書採択(産経新聞)
家族ら弁護士に相談図る=父のカード取り上げ、借金膨らむ−逮捕の長男・5人殺傷(時事通信)
<はやぶさ>6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え(毎日新聞)
[PR]
by yh551xwpzr | 2010-04-27 13:12

エベレスト初登頂の偉業再現 板橋区・植村冒険館(産経新聞)

 冒険家の故植村直己さんらが昭和45年5月にエベレストの日本人初登頂を果たしてから40年たつのを記念し、板橋区蓮根の植村冒険館で17日、偉業の記録を紹介する「エベレスト40」展が始まった。7月4日まで(月曜休館)。

 最終キャンプで使われたテントの複製など当時の装備品や、植村さんが下で待つ隊員たちのため持ち帰った山頂の石などを展示。また、日本初の最高峰遠征のため当時の金額で総予算1億円を費やしたという大事業の経過を写真や映像で紹介している。

 

<外国人地方選挙権>議員にヤジと喝采乱れ飛ぶ…反対派会場(毎日新聞)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
2億円強奪2被告認める 現送車襲撃初公判(産経新聞)
<掘り出しニュース>東京・調布に「鬼太郎公園」誕生 看板は水木さん筆(毎日新聞)
会社員の男ら4人逮捕=遺棄容疑、3人不明事件−長野県警(時事通信)
[PR]
by yh551xwpzr | 2010-04-22 22:34

公明の山口代表、首相訪米を「リーダーシップない」と酷評(産経新聞)

 公明党の山口那津男代表は14日の記者会見で、訪米した鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領の会談について、「日米の懸案事項の進展を図る絶好の機会だったのに見るべき成果がなかった。鳩山首相に強いリーダーシップが欠けており、外交面でも機能不全に陥っている」と批判した。

【関連記事】
公明・山口代表「失望内閣、自民は分裂」
党首討論 首相は命がけで自浄示せ
政治とカネの問題で公明・山口氏「首相が率先垂範しないとますます支持率下がる」
公明・山口代表、参院福岡選挙区での擁立に含み
公明「自民推薦せず」参院選、実質協力は容認
外国人地方参政権問題に一石

家庭のライター、回収も検討へ=子供火遊び対策−消費者庁(時事通信)
NHK受信料不払い、今夏にも強制執行へ(読売新聞)
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状(産経新聞)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
今月下旬にも審議入り=政治主導、国会改革法案−民主(時事通信)
[PR]
by yh551xwpzr | 2010-04-20 11:32

国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)

 患者が求めるがん対策の実現に向けて、日本医療政策機構の市民医療協議会がん政策情報センターは4月12日、「がん政策サミット2010春-患者と議員が作るマニフェスト」の一環として、衆院第二議員会館内で「1時間でわかるがん対策の勉強会」を開いた。勉強会では、がん対策の現況などの説明や、患者関係者によるがん対策への提案・要望が行われ、参加した30人を超える国会議員や秘書は熱心に耳を傾けていた。

 勉強会ではまず、同センター長の埴岡健一氏が、がん対策の現況などを説明。埴岡氏は、厚生労働省のがん対策推進協議会で議論している国の「がん対策推進基本計画」の中間報告について、「厚労省としてはかなり目標を達成できたという公式見解が、おそらくこの6月ぐらいにはまとまると思うが、そこでよく議論をして、全国にいらっしゃる皆さんの気持ち、評価、感覚とすり合わせていく必要があろうかと思う」と述べた。また、「計画は形式的になっている部分があるし、目標も大変形式的になっている」と指摘し、質が伴っているのかを問う目標を考えた上で評価していく必要性を示した。

 続いて、都道府県のがん対策推進協議会の患者関係委員や、公募によって選ばれた全国の患者リーダーなどサミット参加者が作成した「患者が提案するマニフェスト案」を参加者が発表した。
 マニフェスト案には「総合マニフェスト」と「分野別マニフェスト」が掲げられている。「がんになっても不安のない社会を実現するために、当事者の声を反映する仕組みを導入しつつ、すべての国民に、均一化された、最良かつ包括的ながん対策を実施する」との総合マニフェストを発表した愛知県の女性は、「当事者の声を反映していただいてこそ、スムーズに機能するがん対策となると考えている」と述べた。

 このほか、医療費助成や在宅緩和ケアネットワークの拡大、がん予防に向けた子どもたちへの健康教育の推進など、がん対策に対する要望を、この日参加した患者関係者28人全員が議員に向けて訴えた。

 衆院議員の村井宗明氏は「がん登録」の大切さを指摘し、治療方法のデータを積み重ねていくことなどで「最終的によりがん克服に向かって近づいていけるのではないかと思っている」と述べた。
 また、衆院議員の郡和子氏は「しっかりとしたエビデンスを取って、そのエビデンスに基づいた治療や支援というもののために、皆さんと一緒に頑張っていきたい」と語った。


【関連記事】
がん政策サミットで「患者が提案するマニフェスト案」を作成
「がん医療のトータルケア、巻き返しが必要」
疼痛ケア「受けたことない」が約6割
がんの情報提供、「上から目線」から「患者目線」へ
「オレンジバルーン」に込めた緩和ケア普及への思い

軍政ミャンマー潜入記出版…神戸の報道写真家(読売新聞)
少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)
温熱布団2万5000枚回収=発熱・発火の恐れ−ブリヂストン子会社(時事通信)
街角景気「持ち直し」=基調判断を上方修正(時事通信)
新党参加見送り、邦夫氏「私への消極論あった」(読売新聞)
[PR]
by yh551xwpzr | 2010-04-13 22:17

<国際化学オリンピック>日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)

 日本化学会化学教育協議会などは2日、世界の高校生が化学の知識と応用力を競う「第42回国際化学オリンピック」の日本代表4人を発表した。大会は7月に東京で開かれ、国内での開催は初めて。

 代表に選ばれたのは、昨年の大会で金メダルを獲得し2回目の出場となる神奈川・栄光学園高校3年、遠藤健一さん(17)のほか、▽滋賀県立膳所高校2年、浦谷浩輝さん(16)▽東京・筑波大学付属駒場高校3年、片岡憲吾さん(17)▽兵庫・灘高校2年、斉藤颯(はやて)さん(16)。

 4人は、国内3078人の中から選考試験を経て選出された。大会には、過去最高の70カ国・地域から280人が参加する予定。実験試験と筆記試験が各5時間実施される。

 日本化学会化学会館(東京都千代田区)で開かれた記者会見では、ノーベル化学賞受賞者で化学五輪日本委員会の野依良治委員長が「他国の同世代のライバルと切磋琢磨(せっさたくま)し、一方で友情をはぐくむのは意義がある」とあいさつ。また、遠藤さんは「昨年が金でプレッシャーはあるが、それをバネにして頑張りたい」と話した。【藤野基文】

【関連ニュース】
国際生物学五輪:生物大使に女優の忽那汐里さん

「有料道路課」が「高速道路課」へ名称変更国交省(レスポンス)
鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす−福岡県警(時事通信)
<掘り出しニュース>高岡市、「家持くん」と「利長くん」に住民票(毎日新聞)
自民党、舛添氏に参院選の選対本部長代理を要請へ(産経新聞)
住宅火災、焼け跡に2遺体=80代夫婦か−長野(時事通信)
[PR]
by yh551xwpzr | 2010-04-08 21:01